ライティング

プロのライティング機材は代用できる

良い商品写真とライティング

フリマアプリなどの普及で、インターネットを使って自分で物を売る、という行為をする人が増えています。CMなどでも、スマホのカメラを使って簡単に商品を出品できることなどが宣伝されています。

しかし、多くの人が商品をアップすればするほど、販売競争は激化しますよね。同じ商品を販売していても、売れる人と売れない人が出てくるのはなぜでしょうか。インターネットで商品を売るコツはたくさんありますが、もっともわかりやすく、かつ重要なのが写真です。もちろん、サイト上に記載する説明文や紹介文なども大切ですが、パッとみて商品の様子がわかる写真は、それだけでかなりの魅力となるのです。

上手な写真撮影をするためには、カメラの性能が大切ですが、たとえスマホのカメラでも「ライティング」を工夫することで見違えるような写真を撮ることができます。

プロのライティングを真似る

プロのカメラマンなら、スタジオで専用の照明を駆使して撮影をしますが、素人の商品撮影の場合は照明に代わるものを用意します。一番お手軽で効果も高いのは、自然光を利用するというものです。撮影は晴れた昼間に、光がよく入る窓辺や、お庭などで行うと良いでしょう。

ただし、急いで撮影したい場合は、いちいち晴れた昼間を待ち構えているわけにはいきませんよね。そんなときは、卓上の照明などを用意し、光を商品の斜め上から当てるようにします。もし照明が2つ用意できる場合は、商品の左右斜め上からライティングすると良いでしょう。光を斜め上から当てることで商品をより立体的に見せ、影や角度を自然に見せることができます。また、プロのカメラマンが撮影する際には、よくレフ板と呼ばれる白やシルバーのボードを使います。レフ板を使用すると、商品にバランスよく光をあてることができるため、ライティングには欠かせません。

ただし、素人がちょっとした商品を撮影するためだけにレフ板を購入するのはもったいないですよね。レフ板は、白いスチレンボード(100円ショップなどでも売っています)やアルミホイル、画用紙などで代用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です