商品撮影のコツ①レンズ

商品撮影のコツ①レンズ

インターネットで商品を販売する際に、一番重要な商品写真。この項ではその商品撮影のコツ、レンズについてご説明します。特に、レンズのピント合わせについて。
大抵のデジカメには「オートフォーカス機能」が搭載されていますから、自動的にピントは合います。しかし、構図によっては児童のピント合わせが難しい場もありますから、「フォーカスロック」と呼ばれる技を覚えておきましょう。
まず、ピントを合わせたい被写体にフォーカスフレームを重ね、シャッターボタンを半押します。次に、シャッターボタンを半押しにしたまま、希望の構図に変化させます。この際三脚を使用すれば、左右への回転がスムーズにできます。最後に、シャッターボタンを全押しします。
フォーカスロック機能は商品撮影に絶大な効果を発揮しますので、ぜひマスターしましょう。もしこの方法でもうまくピントが合わない時は、カメラの「フォーカスモード」をシングルなどに設定すると、簡単にフォーカスロックができます。

絞り値は最も低い値が最適

ピント合わせでもう一つ重要なのは、「絞り(F値)」です。理論的なことはひとまず置いておいて、絞り値が「低い」と写真が「ぼける」。絞り値が「高い」と「ぼけずらい」とだけ覚えておけば良いでしょう。またこの傾向は、レンズが大きいほどに顕著であり、一眼レフが本領を発揮するシチュエーションです。
コンパクトカメラや携帯電話のカメラなどでは、そもそも絞りが固定であったり、設定ができても数段階だったりするため、絞りで変化をつけるのが難しくなります。こういったカメラで撮影する場合は、「マクロモード」で「ズーム」を利用して撮影しましょう。
ハイエンドのコンパクトデジカメでは、絞り値は一眼レフと同じように変更する事ができますが、影響は微妙で、機種によっても違いがあります。ミラーレス一眼や一眼レフでは逆に、ピントの山がはっきりしているので、ボケの範囲を意識して撮影する必要があります。
ほとんどの場合、商品を撮影する際は、絞り値は最も低い値が最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です